今日というあの日

12月 3rd, 2015 | haraemi

 

 

_DSC0917

 

 

 

また夢を見ていたのかもしれない

浮かぶのは凄い風と順光の眩しい夕暮れ

約束!と言って笑いまっすぐな道をただただ歩いた

通り過ぎし日に人は 沈黙を装い目を逸らす

幸か不幸か 雨はもう止んでいた

 

嬉しいはずの涙が

その時ばかりは悲しく写って

どうしてよ?とおどけて見せたものの

複雑な気持ちにした事が気にかかっていた

笑い声は遠くで響いては繰り返している

笑顔も溢れていて 風も穏やかに変わっていく

 

目が覚めるとストーブのタイマーが鳴っていて

カーテンの隙間から入る光に 今日の晴天を知る

悪い夢ではなかったんだと 現実に安堵する

ベットから立ち上がってカラダを伸ばし

新しい一日に おはようと言った